内定者の声

内定者の声(2022年4月入社)

 アイティーオーの内定者に就職活動に関するアンケートを取りました。 私たちの新しい仲間の声をご紹介します。 皆様の就職活動の参考になれば幸いです。

  • 新垣 裕二 知能情報コース
  • 伊本 楓翔 機械CAD設計科
  • 小久保 優斗 CADシステム科
  • 谷 拓希 クリエイティブデザイン学科
  • 村松 幸成 CADデザイン科
  • 和田 敦 プロダクトデザイン学科
  •  
     
     
      

    新垣 裕二 知能情報コース

    1.就職活動での話

     4 月に就活スーツを買うほどに遅れてスタートしたため、出だしで躓きました。本格的に始めてからは様々な企業説明会へと参加しつつそれへの感想を通じて自己分析や ES 作成を早急に終わらせ、多少の方便も交えつつ九割方は実直に話すことで幾つかの面談を通過。
    話すのは苦手だが頑張ってコミュニケーションを取った経験など、幾つかの弱点は見方によっては長所と取ってもらえたこと。優秀だがそういった変換が苦手な同級生が就活で苦労していて先生も不思議に思っていた事などが印象的でした。

    2.アイティーオーを志望した動機

     自己分析していく過程で「頭脳労働はそこそこ得意」「頭脳労働や事務作業の大抵は余力を保ってこなせるだろう」「初対面のコミュニケーションが致命的に苦手なため、人間関係で躓きやすい仕事は選ばない方がいい」と判断。その上で、業務内容が技術者/ものづくりであり、会社への信頼も感じられ、面接で対応して頂いた役員の方も社会人として優れていると感じた為、アイティーオーを志願しました。

    3.今後の目標

     ここから数年をかけて CAD やデザインなど今まで関わってきたことのない作業に慣れていくのは当然のこととして、30 歳を超えても社員としての勉強や趣味にしかならない数学や科学などの勉強への意欲を欠かさない人間として成長していきたいです。そして、仕事を誇れるように仕事への理解を深め真剣に取り組み、周りから信頼される社員となった上で、仕事と趣味を両立できるよう全力で臨んでいきます。

    4.これから就職活動をされる学生さんへのメッセージ

     自身に対しての理解を深めてください。業種職種・社則・仕事内容・雰囲気 etc、仕事には色々な属性やパロメータがあるはずです。貴方がどこまで許容でき、どこが譲れない要素か。私のように希望の職種等が無い場合は特に、理解を深めれば深めるほど望ましくない企業を判断できるようになります。その上で就活は運と度胸と相性と運がとても重要です。良い企業と関わる運を探して引き寄せ、度胸で企業と対話を行い、企業との相性を判断し、それら人事を尽くした後は天命を待ちましょう。おつかれさま。

    内定者一覧へ
     

     
     

    伊本 楓翔 機械CAD設計科

    1.就職活動での話

     就職活動で苦労したことは数ある会社の中から自分の行きたい会社の数を絞るのに苦労しました。2年生の1月から周りの就職活動が活発になり始め、それに合わせ学校での就職支援サービスや会社説明会もどんどん開催されるようになっていくなか、私は行きたい会社がなかなか決まらず、最終的にはある程度数を絞るのに4月までかかってしまいました。4月から本格的に就職活動を開始したので落ちてしまった時のことを考えるとあまり時間に余裕がなかったのでこのころはかなり焦っていました。その後、なんとか志望していた会社に内定を頂いたのですが、やはり学校の先生や周囲の人が言っていた通り早め早めの行動が大切だと感じました。

    2.アイティーオーを志望した動機

     ITOを志望した理由は複数あるのですがその中でも自動車の見た目などの設計に関わっていたり、3Dプリント事業をおこなっている点を特に魅力的に感じました。就職活動するにあたって自動車のことにどんどん興味を持ち私が自動車を選ぶ時にこだわっていた部分が見た目だったので内装部分のインパネや外装部分のバンパーなど見た目に関わる設計をしていたり、私自身3Dプリンターに興味があり、会社を選ぶにあたって3Dプリント事業と自動車の設計の2つを兼ね備えている会社が少ない中、ITOはこの両方をおこなっていいて私の求めていたものと合致した会社だったので志望しました。

    3.今後の目標

     私は会社入ったら最終的には周りの人達から頼られるような仕事のできる設計者になりたいと考えているのでそのためには仕事を早く覚え、会社の環境に慣れるよう努めその中で仕事の効率化や先輩方に教えもらうことで成長していくことが出来ると思うので自分の立てた目標に向かって日々努力していきます。

    4.これから就職活動をされる学生さんへのメッセージ

     私は面接で言いたいことを文章にするのが苦手だったので周囲の人たちに協力してもらい練習をしました。練習を重ねることで苦手なところを克服できたので、1人で悩むのではなく周りの人に相談をすることが大切だと思います。コロナがまだ続くと思うので就職活動が大変だと思いますが悔いのないように行きたい会社をしっかり選びその上で面接や採用試験などにのぞめばもし失敗したとしても次の経験に生きてくるので諦めずに頑張ってください。

    内定者一覧へ

     
     
     

    小久保 優斗 CADシステム科

    1.就職活動での話

     就職活動するにあたって、私は群馬県内に就職したくは無く県外で探していました。
    しかし、求人ほとんどが県内のもので県外を探すのだけでも一苦労でしたがその中で貴社を見つけられました。
    最初に仲良い子とこの会社にしない?とふざけ半分で決めていたのですが、段々とそれが行きたいという気持ちに変わり、少ない情報を元にホームページを調べるようになりました。その際に感じたことはもしかしたらずっとその職場で働くのかもしれない、だから大丈夫かなと思ってたりもしました。

    2.アイティーオーを志望した動機

     本当に一目惚れのように引き寄せられました。
    募集していた会社自体CADを使って仕事するところが少なく、本当に限られた中で見つけたこの貴社は運命のようでした。
    先ほども言った通りに最初は友達とおふざけで決めていたのですが、どの会社より魅力的で待遇も良く、何より群馬県を出て関東ではない県に住めるという期待を胸に面接や、試験を受けました。
    ボーナスが元々給料に組み込まれているというシステムには正直驚きましたが、たとえ会社が赤字でもボーナスが一応出ているという形にとても魅力を感じて応募する事を決意しました!

    3.今後の目標

     今後の目標は仕事を誰よりも早く覚えて誰よりも率先して臨機応変に動き上に行きます。
    周りの人とも接しやすく頼られる人材になれるよう全力で仕事に励みます。
    人生についてはやってみないとわからないことが多いのですが、普通のどこにでもいるような正社員のような暮らしはしたくないです。多少忙しいくらいが自分にとっては丁度いいと思いますのでやはり課長、部長と言ったような役職が欲しいので上へ上へと上り詰めていきたいです。その為に出だしが肝心だと思っているので、社内で顔を広くしていきたいです。

    4.これから就職活動をされる学生さんへのメッセージ

     これから就職活動をする学生には、まず第一にやる気があれば仕事なんて誰でもできるようになると伝えておきます。本当に自分次第だと思うのですが、スキルがあった方が圧倒的に有利な状態に持っていけると思うので、やはり資格試験の勉強をしつつ、CADの技術を徐々に身に付けないと周りに置いて行かれてしまうと思います。
    焦る必要性は全くないですが、周りは大学生が多いと思うのでそれに負けないように人よりもやらなくてはいけない気がしました。

    内定者一覧へ
     
     
     

    谷 拓希 クリエイティブデザイン学科

    1.就職活動での話

     一番苦労した点はオンライン面接が多かったことです。雰囲気や気持ちなどは伝わりにくいいのに目線や言葉の詰まりなどは非常にシビアに相手方にわかることを知りました。
    アイティーオーの面接はすべて対面で行ったためオンラインの弊害を受けることはありませんでしたが今後もオンラインは増えていくと考えているのでよい勉強になりました。また自分は他の学生より年上であったことから自分の長所短所の明確化、また自分にしかない“付加価値”などにも重点を置きました。

    2.アイティーオーを志望した動機

     私は家族の影響で自動車が好きでした。きっかけはF1レースを生で見たときに大きな憧れを抱きそこから“自分の作った車が走っていたらいいな”と夢を持つのは自然な流れでした。
    学内説明会でアイティーオーは特化した類まれな技術を持ち多くのメーカーと強い結束があり海外でも活躍の場があると知りました。また自分の将来設計やビジョンなどを明確に描くことのできる職場であるとも感じました。働きたいという思いが強くあり志望する決意をしました。

    3.今後の目標

     まずは1日も早く仕事を覚え即戦力となりたいです。多忙と聞いている業務の進行に一刻も早く加われるように尽力します。また上司の方、先輩と良好な関係を築き職場になじめるようになりたいです。上司だけでなく同期からも信頼される技術者になります。また私はアメリカ支社で仕事をすることに強いあこがれを抱いており世界に通じる技術者になることをも強く考えています。

    4.これから就職活動をされる学生さんへのメッセージ

     まずは今の仲間を大切にしてください。泣いても笑っても最後の学生生活です。何事にも全力でぶつかってください。そうすればおのずと納得のいく結果がついてきます。自分ひとりでできることには限界があります。しかし協力すれば力は無限大です。1+1は10にでも100にでもなります。そして今まで出会ってきた仲間や先生、両親にも感謝を忘れないでください。今の自分があるのはすべてそのおかげです。そして先輩や先生はいつまでもいません。感謝を伝えることができるときに伝えてください。学校の先輩や先生の言っていることは騙されたと思って信じてください。そこから得るものは必ずあります。

    内定者一覧へ

     

     

    村松 幸成 CADデザイン科

    1.就職活動での話

     私は一昨年までエネルギー関係の総合商社に勤務しており、就職活動自体は二回目ということになります。前職では営業部に所属していたため、異業種の他社を訪問する機会にも恵まれていましたが、今回の就職活動を通してこれまで関わったことがないものづくり業界の企業に足を運び、様々な方のお話を伺うことで、またひとつ自分の見聞を広めることができたと感じています。

    2.アイティーオーを志望した動機

     アイティーオーを志望した動機は大きく2つあります。ひとつは自動車産業に設計者として関われること、もうひとつは社員の方々がとても伸び伸びと仕事をされている印象を受けたことです。また、仕事で自身が設計に携わったものを日常の中で見掛ける機会があるというのもアイティーオーでの仕事の魅力だと思います。仕事で好きなものに携わり、しかもそれが世のため人のためになっていると実感できるのは、まさにエンジニア冥利に尽きるのではないでしょうか。

    3.今後の目標

     当面の目標は、一日でもはやく第一線で設計者としての業務にあたることです。そのためには日々の勉強が肝要だと考えます。特に業務に直結する機械製図に関しては未だ勉強が及ばず、毎日苦戦しています。仕事に活かせる知識をひとつでも多く身に付けて入社を迎えるため、残された学生生活も悔いなく勉学に勤しみたいと思います。

    4.これから就職活動をされる学生さんへのメッセージ

     就職活動と聞くと、その広範にわたる手間の多さや、立ち振る舞いへの配慮からくる気疲れを想像して辟易してしまう方も多いかもしれません。しかし、就職活動は自分自身について深く考えるまたとない絶好の機会でもあります。自分自身の内外問わず新しい気づきが必ずあると思います。
     今年度に限らず、今後会社説明会などをオンラインで開催する企業もより増えてくるといわれています。移動などに時間を取られない分、一社でも多くの説明会に参加して、一つでも多くの発見を探すことをお勧めします。応援しています。

    内定者一覧へ
     
     
     

    和田 敦 プロダクトデザイン学科

    1.就職活動での話

     私は人と話すことが苦手でした。特に面接の独特な空気の中で、思うように話せず回答に困ってしまうことも多々ありました。何よりもまずは面接の場になれること、そして自分自身の軸となるものを見つけることがとても重要だと考え、模擬面接や自己分析に取り組みました。そうして回数を重ねていく内に、自分自身の言葉と答えを話せるようになり、以前より楽に面接に臨むことが出来ました。就職活動を進めていく中、今まであまり目を向けてこなかった私という人間を再確認する良い機会となり、とても有意義な時間だったなと感じています。

    2.アイティーオーを志望した動機

     製品には機能や形など表層的な事柄の他にも、それらが生み出す会話や心地よい時間など様々な体験、思い出があると思います。私はクルマに乗る人にとってそういった体験が生まれる場所はインテリアだと考えています。設計の仕事を通して体験を提供する手助けができればと思い、ダッシュボードを始めとする樹脂部品を設計することに特化したアイティーオーを志望いたしました。

    3.今後の目標

     エンジニアとしての仕事だけではなく、社会人としての姿や振る舞いを先輩方から学び、一日でも早く会社ひいては社会全体に貢献できるよう精進していきたいと思います。そのためには、まず目の前の研修期間を真剣に取り組み、確実に歩みを進めていきたいと思います。また、プライベートでは変化することを恐れず、様々なことに挑戦して楽しく人生を過ごしていきたいと思います。

    4.これから就職活動をされる学生さんへのメッセージ

     「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」孫子の有名な一節です。この言葉の通り、とにかく自分と相手を徹底的に知ること、つまり自己分析と企業研究がとても重要だと思います。自分の強みや価値観、企業ごとの違いを把握できていない状態で就職活動を進めると必ず行き詰まると思います。もちろん就職活動においては、百戦殆うからずというわけにはいかないと思いますが、それらについて悩み考えていく中できっと納得のいく結果が得られるでしょう。

    内定者一覧へ 

    Copyright © 株式会社アイティーオー All Rights Reserved.